ワキシマダンススクール

品川のワキシマダンススクール 初心者、趣味でダンスを楽しみたい方、お気軽に!シニアも楽しく踊れます

日々のできごと

2020年4月18日(土) たった一人の私の味方


韓国ドラマ「たった一人の私の味方」。

2019年放送。

最愛の妻が重い病いにかかり、その治療費を高利貸しに借りに行ったヨンフン(チェ・スジョン)。
が、トラブルあい、通りすがりの歯科医を誤って殺害してしまいます。

無期懲役の判決が下り、ヨンフンは、赤ん坊の娘ドランを、
共に施設で育ち、ヨンフンを兄のように慕うドンチョル(イ・ドゥイル)に預けました。

27年後、模範囚として、出所したヨンフンは、
カン・スイルと名前を変えて、
大手食品会社メーカー「ボム&フード」の経営者一族の家の運転手として働き始めます。
一方、明るくバイタリティあふれる女性に育ったドラン(ユイ)は、
検事になるためにロースクール入学を目指していました。
しかし、義父のドンチョルが交通事故で急逝してしまったため、
義母(イム・イェジン)から実の娘ではないからと家を追い出されてしまいました。

ドランは、大変な生活を強いられる中、
思わぬ出会いが重なって、「ボム&フード」の秘書室で働くことになりました。
そこで、「ボム&フード」の会長(パク・サンウォン)の長男・デュリク(イ・ジャンウ)のもとで働くことになります。
そして、父であるカン・スイルとも出会うことに。

カン・スイル役のチェ・スジョンさんは、
伝説のドラマ「初恋」に出演したあとは、時代劇の多い役者さんですね。
「太祖王建」とか~長いドラマなので、2,3話しかみていませんが。~

ドラン役のユイさんは、女性ボーカルグループ「AFTER SCHOOL」の元メンバー。
私が印象に残っているドラマは、「善徳女王」のミシルの少女時代と、
「田禹治」のムヨンかな。
目の表情が印象的です、目が大きいからかな。

デュリクの母、オ・ウニョンを演じたチャ・ファヨンさん。
前作の「病院船」では、はかなげな優しいお母さんでしたが、
今回は、悪気はないけど感情の起伏の激しい、がちゃがちゃ財閥奥様でした。
どちらも、よかったですね。

韓国らしい家族の温かさが感じられるヒューマンドラマでした。





タイトルをクリックすると全文をお読み頂けます。
見学随時受付中!

スクールのご案内

東急大井町線・荏原町駅1分、東急池上線・旗の台駅5分、都営浅草線・馬込駅10分。
初心者の方、趣味でダンスを楽しみたい方、お気軽にどうぞ!
シニアの方も楽しく踊れます。楽しいダンスレッスンなら「ワキシマダンススクール」
ワキシマダンススクールに電話する
〒142-0053 東京都品川区中延5-2-7 セントラル会館2F
        営業時間  13:00~22:00